そもそもアミノ酸って何?

アミノ酸はたんぱく質の構成要素

 

「赤色の食物」=血や肉になる=たんぱく質

 

って小学校の給食や保健の時間に先生に言われましたよね。

 

人間の体は、約60%が水分で出来ていますが、20%がたんぱく質でできているんです。

 

筋肉や血液の他に、髪や爪、内蔵、酵素、ホルモンなどもたんぱく質から成り立っています。

 

たんぱく質は私達の体をつくる「体の素」なんです。

 

そしてこのたんぱく質の素となっているのが「アミノ酸」なんです。

 

「アミノ酸」がいくつか結合して「ペプチド」となり、「ペプチド」が結合して「たんぱく質」になるのです。

 

アミノ酸は私達の命の素

 

たんぱく質の素である「赤色の食物」が体の中に入っていくとどうなるのでしょうか。

 

たんぱく質は胃の中で、酵素(ペプシン)により、アミノ酸がいくつかつながったペプチドに分解されます。

 

次に小腸でアミノ酸までに分解され、体内に吸収されます。

 

分解・吸収されたアミノ酸は血液に運ばれて全身の組織に行き渡ります。

 

そしてその先々で、再びアミノ酸が結合してたんぱく質となり、体の各器官となるのです。

 

ところがせっかく構成されたアミノ酸も、各組織での新鮮さを保つために、毎日一定量が分解されて尿の中に排出されてしまうのです。

 

蓄積もあまりできないので、アミノ酸は毎日摂取することが必要になってくるのです。

 

体をつくるアミノ酸の種類

 

自然界には、数百種類ものアミノ酸が存在すると言われています。

 

しかしその中で、人間の体のたんぱく質を構成しているアミノ酸は20種類。

 

その20種類でも、体内で合成できる非必須アミノ酸と、合成できない必須アミノ酸に分かれています。

 

非必須アミノ酸は、生命活動に必要だからこそ体内で合成できるアミノ酸です。

 

必須アミノ酸体内で合成することができないので、外から摂り入れる必要があります。

 

それぞれのアミノ酸の種類は次の通り。

 

非必須アミノ酸
(体内で合成できる)

11種類

  • グルタミン
  • アルギニン
  • アラニン
  • システイン
  • グリシン
  • セリン
  • チロシン
  • グルタミン酸
  • プロリン
  • アスパラギン
  • アスパラギン酸

必須アミノ酸
(体内で合成できない)

9種類

  • バリン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • リジン
  • トリプトファン
  • ヒスチジン
  • メチオニン
  • スレオニン
  • フェニルアラニン

 

アミノ酸の構造

 

ちょっと小難しい話になりますが、アミノ酸の化学式についてです。

 

アミノ酸は、アミノ基(−NH2)とカルボキシル基(−COOH)を持つ有機化合物の総称です。

 

アミノ酸同士でつながる時は、アミノ基とカルボキシル基がつながります。

 

この結合が2〜数個連なったものが、ペプチドと呼ばれ、さらにつながるとたんぱく質になります。

 

たんぱく質の合成指示はDNAが行う

 

たんぱく質が摂り入れられると、体内で分解・合成して再び体のたんぱく質に再合成されます。

 

その再合成の過程は、細胞内で行われます。

 

「なんのアミノ酸がどのような順番でつながるか」を決めるのが、生体の設計図である遺伝子のDNA(デオキシリボ核酸)なのです。

 

DNAの遺伝情報(たんぱく質合成の情報)は設計図ですが、実際に合成をするのはRNA(核酸)です。

 

DNAとRNA相互のはたらきによって、私たちの生命活動を支えています。

 

DNAとRNAは細胞の核にあり「核酸」と呼ばれています。

 

核酸は第7の栄養素

 

体の組織の合成と新陳代謝を支える「核酸」は、たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維に続く第7の栄養素とされています。

 

  • 新陳代謝の促進
  • 抗酸化作用
  • 免疫力を高める

 

という3つの大きな働きがあります。

 

核酸は肝臓で合成されるため、食事から摂る必要はないと、従来言われてきました。

 

しかし、肝機能は20歳をピークに年齢と共に衰えていきます。

 

核酸をつくるにはかなりのエネルギーが必要です。

 

慢性的に核酸の量が不足してくると、肌・内蔵・血液の老化、傷や骨折の治りの遅延、記憶力の低下など、各機能の能力の低下、遺伝子修復能力の低下につながるといわれています。

 

健康、アンチエイジング、美肌、ダイエットのためにも食事として核酸を摂ることがすすめられるようになってきました。

 

核酸は、すべての食物に含まれていますが、特に多く含まれているのは次の食物です。

 

鮭の白子
大豆
のり
ビール酵母
玄米

 

意識して摂っていきたいですね。

 

母乳に豊富に含まれているアミノ酸、核酸

 

赤ちゃんは母乳で育てるのが望ましいっていわれています。

 

それは、母乳には赤ちゃんの成長に必要不可欠な栄養素が含まれているからです。

 

母乳の中でもっとも多く含まれているのがアミノ酸で、理想的なバランスで含まれています。

 

核酸も豊富に含まれています。

 

まだ核酸の認知度が低かった頃、粉ミルクには核酸が含まれていませんでした。

 

アレルギーの子どもが増えたという報告のもと調査が進められ、核酸の摂取とアレルギーの関係が明らかとなりました。

 

現在の粉ミルクには「ヌクレオチド」という名称で核酸が添加されるようになっています。

 

 

まとめ

 

アミノ酸だのBCAAだの、いろいろ言われていますが、アミノ酸ってなぜ大事なのか分かった気がしますね。

 

生命維持のために、アミノ酸・核酸は非常に大事。

 

アミノ酸を充分に摂取して、健康維持・美容・アンチエイジングしていきたいですね。